DES PRÉS デ・プレ

Top

05 November 2013 / Gourmet

「ル・コントワール・ボロワ」のフォンダン・ショコラ

サロン・ド・テ兼レストランの「ル・コントワール・ボロワ」があるのは、マドレーヌ寺院から歩いてすぐ。ここに、グルメの間で評判のフォンダン・ショコラ(チョコレートケーキ)があると聞きつけて出かけてきました。

131105paris1.jpg


131105paris2.jpg


昔は本屋だったという、落ち着いたインテリアの店内。薄いグレーのふかふかした椅子に腰かけて、さっそくお目当てのフォンダン・ショコラを注文します。
やって来たそのケーキ、見た目はいたって普通。「フォンダン」とは、「とろけるような」の意味ですが、断面を見てもチョコレートがとろけているようには見えません。
フォンダン・ショコラの中には、温めてサービスされて、切ると中からチョコレートが溶け出してくるようなものもありますが、ここのフォンダン・ショコラは常温でいただきます。


131105paris3.jpg


一見地味なこのケーキの実力は、ひとくち食べてみると分かります。口の中で、チョコレートがなんと心地よくとろけていくこと!
しっかり焼いてある外側の生地が、内側の濃厚でクリーミーな生地と混ざりあう絶妙な感じを楽しんでいるうちに、大きく見えたケーキがあっという間に小さくなっていきます。しっかり甘みもあってどっしりしているのに、材料が良いからなのか、するすると胃におさまってしまいました。


131105paris4.jpg


131105paris5.jpg


このフォンダン・ショコラが作られているのは、大西洋岸にあるラ・ボールにある小さな工房だそう。芸術作品のように手の込んだパリのデザートにはない、地方菓子ならではの素朴で実直な味に納得です。
使われている材料は、高品質のカカオ、新鮮な卵、ゲランドの塩の華入りのバター、小麦粉に砂糖。保存料などは一切入っていませんが、3週間は常温で保存できるそう。サイズもいくつかバリエーションがあるので、日本へのお土産にも便利。お酒好きな人には、この工房が誇るもうひとつの銘菓、香り高いラム酒がきいた焼き菓子「ル・ガトー・ナンテ」がおすすめです。


131105paris6.jpg


131105paris7.jpg


131105paris8.jpg


131105paris9.jpg


店内には、こんな銘菓の他にもラ・ボールやブルターニュ地方の名産品が壁一面に並んでいます。
ゲランドの塩が使われている塩バターキャラメルや、塩入りのトリュフチョコレート、ジャムなどの甘いものから、魚のスープ、やはりゲランドの塩が使われている豚肉ベースのパテ、ホタテなどの海の幸ベースのリエット、シードル、ラムと白ワインがベースの食前酒、ディアブロティンなども。フランス各地のワインやシャンパーニュも置いてあります。


131105paris10.jpg


ソムリエとして星付きレストランで働いた経歴を持つマチューさんがここのオーナーになった2年ほど前からは、ランチとディナーのサービスもスタート。近隣で働く常連さんのためにメニューはしょっちゅう変わりますが、ブダンと、チーズのスフレが添えられた魚のプレートはいつ行っても楽しめます。




131105paris-150.jpgLe Comptoir Baulois
34 rue Godot de Mauroy 75009 Paris
Tel. +33 (0)1 40 06 04 18
最寄り駅:Havre-Caumartin
営業時間:月~土、日休み
ティータイム10:00 - 11:45, 15:00 - 19:00
ランチタイム12:00 - 15:00
ディナータイム19:00 - 22:30(月除く)


Le Comptoir Baulois Official Site

DES PRES Paris Column top page

Written by Atlan Sayaka

パリ第4(ソルボンヌ)大学でフランス文学を学んだのち、ライターとして活動中。 著書に「薔薇をめぐるパリの旅」(毎日新聞社)『パリのアパルトマンから』(大和書房)、山本ゆりこさんとの共著本『10人のパリジェンヌ』(毎日新聞社)がある。 Blog『アトランさやかのパリ散歩』
↑ページトップへ